メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ行こうとしているのか2017 労働法学者・浅倉むつ子さん

=東京都新宿区で、北山夏帆撮影

生活時間を取り戻せ

 新年を迎えたばかりの早稲田大本部キャンパス(東京都新宿区)は、静まりかえっていた。9階の研究室から青く澄みわたる空が見えるが、浅倉むつ子さんの胸は晴れない。

 安倍晋三政権が「女性活躍」を叫ぶ中、電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)の自殺が「過労死」と労災認定された。日本労働法学会代表理事(2003~05年)とジェンダー法学会理事長(07~09年)を歴任した労働法学者は、言う。

 「高橋さんは、男性社員と同じように長時間労働を強いられた末、精神的に追い詰められました。過労死は1…

この記事は有料記事です。

残り2734文字(全文2989文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです