メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ行こうとしているのか2017 労働法学者・浅倉むつ子さん

=東京都新宿区で、北山夏帆撮影

生活時間を取り戻せ

 新年を迎えたばかりの早稲田大本部キャンパス(東京都新宿区)は、静まりかえっていた。9階の研究室から青く澄みわたる空が見えるが、浅倉むつ子さんの胸は晴れない。

 安倍晋三政権が「女性活躍」を叫ぶ中、電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)の自殺が「過労死」と労災認定された。日本労働法学会代表理事(2003~05年)とジェンダー法学会理事長(07~09年)を歴任した労働法学者は、言う。

 「高橋さんは、男性社員と同じように長時間労働を強いられた末、精神的に追い詰められました。過労死は1980年代に社会問題化しますが、これまで抜本的な対策は取られませんでした。女性活躍と過労死がセットになってしまうのは安倍政権にとって痛手です。この過労自殺で、ようやく労働時間の上限規制の議論が進む現状は悲しい。払った犠牲が大きすぎます」。柔らかな声と対照的に、一語一語が重く響く。

この記事は有料記事です。

残り2594文字(全文2989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. ENEOSが先制 一回から4連続安打 ホンダと対戦 都市対抗

  4. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  5. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです