メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一作入魂

店頭で中華まん、50年以上 津「井村屋」松田宇史さん(40) /愛知

松田宇史(たかし)さん

 冬の定番と言えば、コンビニエンスストアに並ぶほかほかの中華まんじゅう。店頭で蒸し立てを食べられるようになったのは、あずきバーで有名な津市の「井村屋」の存在が大きく、50年以上も全国の人たちに温かい味を届けてきた。

 中華まんじゅうが日本に広まったのは明治時代とされ、百貨店などで高級品として扱われていたという。井村屋が肉まんとあんまんの販売を始めたのは1964年。駄菓子屋などの冷凍ケースで提供していた夏場のアイスクリームに代わる冬用商品に、と考えたのがきっかけだった。

 和菓子の包む技術を応用し、肉まんは具材に味をつけたり、あんまんは当時珍しかった粒あんを使ったりする…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです