寒気

湖国真っ白 本格的降雪、各地に影響 北部は今後も注意必要 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大津中央郵便局の駐車場で車に積もった雪をはらう男性=大津市打出浜で、太田裕之撮影
大津中央郵便局の駐車場で車に積もった雪をはらう男性=大津市打出浜で、太田裕之撮影

 この冬一番の寒気により、県内は15日、ほぼ全域が本格的な雪に見舞われ、各地でイベントが中止となるなど影響も出た。彦根地方気象台は「県北部では今後も降雪が続くので注意してほしい」と呼び掛けている。

 気象台によると、県内の15日午後2時現在の積雪量は長浜市余呉町柳ケ瀬53センチ▽今津38センチ▽米原28センチ▽彦根33センチなど。大津市でも数センチの積雪がみられた。県北部では16日午前まで激しく降り、その後も降ったりやんだりが続くという。

 15日に大津市のなぎさ公園で開催予定だった「第32回晴嵐コミュニティふれあいマラソン」(毎日新聞大津支局など後援)は大雪の影響で中止になった。JR西日本によると、湖西線では除雪作業のため午前5時27分敦賀発近江今津行きと同6時10分近江今津発近江塩津行きの普通電車2本が運休し、その後も遅れが生じるなどした。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文806文字)

あわせて読みたい

注目の特集