選挙

大阪・四條畷市長選 「新しい四條畷 市民と」 全国最年少市長当選の東さん、力込め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選が決まり笑顔を見せる東修平さん=大阪府四條畷市で2017年1月15日午後10時32分、大西岳彦撮影
当選が決まり笑顔を見せる東修平さん=大阪府四條畷市で2017年1月15日午後10時32分、大西岳彦撮影

 15日投開票された大阪府四條畷市長選で、新人の元外務省職員、東(あずま)修平さん(28)=無所属=が現職の土井一憲さん(61)=同=を破って初当選し、北海道夕張市の鈴木直道市長(35)を抜いて全国最年少市長となった。支持者に「全ての市民の方と意見交換を続けながら、新しい四條畷の実現に向けてまい進していきたい」と力を込め語った。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文441文字)

あわせて読みたい

注目の特集