メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

降雪予測

市民から結晶画像を募集、分析 気象研究所

 気象庁気象研究所(茨城県つくば市)が、関東地方の一般市民に降った雪の結晶をスマートフォンなどで撮影してもらって集める「関東雪結晶プロジェクト」を始めた。誰でも参加できる市民参加型の研究で、広くたくさんの写真を集めて分析し、正確な予報が難しい関東地方の降雪予測の精度向上を目指す。

 関東甲信地方に雪をもたらすのは、列島の南側を通る「南岸低気圧」。しかし、降雪量や雨か雪かなどは、低気圧の進路や地上付近の温度など、さまざまな条件で変わる。気象研の荒木健太郎研究官によると、中でも関東の平野部では分からな…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. 「朝、農場に入るのが怖い」 宮崎でまた鳥インフル 鹿児島でも関係者ら緊張高まる

  3. 大阪・北海道、11月の死者最多に 高齢施設、感染拡大 新型コロナ

  4. 日本新薬・大畑 主軸も務めたムードメーカーが4強進出後押し 都市対抗

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです