AIIB

進まぬ融資、人材確保難航…開業1年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

9件、総額2000億円

 【北京・赤間清広】中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が開業してから16日で1年となる。習近平国家主席の肝入りで発足したが、決定した融資は9件で総額17億3000万ドル(約2000億円)と、日本主導のアジア開発銀行(ADB)の10分の1以下にとどまる。融資業務に精通した人材確保などに苦労しており、独自色を出すには時間がかかりそうだ。

 「大統領とお会いできてうれしい」。昨年12月、AIIBの金立群総裁(元中国財政次官)はフィリピン・マニラでドゥテルテ大統領と会談。インフラ整備に協力を求めるフィリピン側に対し、2件の事業に融資を検討すると約束した。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1134文字)

あわせて読みたい

注目の特集