メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

和平協議に反体制派 シリア政権も参加 進展は不透明

 【カイロ秋山信一】シリア内戦を巡って、複数の反体制武装勢力が16日、カザフスタンの首都アスタナで予定されるアサド政権との和平協議に参加する方針を決めた。衛星テレビ局アルジャジーラが報じた。政権側も既に協議参加の意向を示している。ただ、反体制派の一部はボイコットを訴えており、協議が和平進展につながるかどうかは不透明だ。

 和平協議はロシアやトルコが提唱し、23日にアスタナで開かれるとの情報がある。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で421人が新たに感染 死者10人も確認 新型コロナ

  2. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  3. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです