メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

和平協議に反体制派 シリア政権も参加 進展は不透明

 【カイロ秋山信一】シリア内戦を巡って、複数の反体制武装勢力が16日、カザフスタンの首都アスタナで予定されるアサド政権との和平協議に参加する方針を決めた。衛星テレビ局アルジャジーラが報じた。政権側も既に協議参加の意向を示している。ただ、反体制派の一部はボイコットを訴えており、協議が和平進展につながるかどうかは不透明だ。

 和平協議はロシアやトルコが提唱し、23日にアスタナで開かれるとの情報がある。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  3. “松井5敬遠”28年後の馬淵×林対談 全打席敬遠「タイムスリップしたらまたやる」 響く怒声、飛ぶメガホン(第3回)

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです