メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぶらり・ぎふ散歩

関善光寺(関市西日吉町) 暗闇たどり悟る「仏の道」 /岐阜

暗闇の地下通路を歩いて巡る日本唯一の「卍戒壇」がある関善光寺=いずれも関市西日吉町で

 関善光寺は通称で、正式名称は宗休寺。安桜山(標高152メートル)のふもとにある天台宗の寺院で、江戸時代の1753年に創建された。1818年に長野善光寺の3分の1の大きさの本堂が建てられ、善光寺如来の分身として阿弥陀如来が御本尊になったのが名称の由来だ。本堂の地下には日本唯一の卍(まんじ)戒壇がある。

 寺が一躍有名になったのが大日堂に安置されている「宝冠大日如来」。2015年のラグビーワールドカップ…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文798文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです