博多港

クルーズ船の寄港328回、再び“日本一” センター利用客100万人に 昨年 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中央ふ頭クルーズセンターの100万人目の利用客となった梅さん(右から2人目)に記念の扇子を手渡す則松・市港湾空港局長
中央ふ頭クルーズセンターの100万人目の利用客となった梅さん(右から2人目)に記念の扇子を手渡す則松・市港湾空港局長

 福岡市は16日、2016年に博多港へ寄港した外国と国内を合わせたクルーズ船の寄港が328回に上ったと発表した。横浜港を抜いて初めて全国1位となった一昨年の259回より69回多く、国土交通省や市によると「おそらく全国1位」。今年も371回の寄港が予定されており、博多港はさらににぎわいそうだ。【合田月美】

 328回のうち314回は外国船で9割以上が中国発着のクルーズ船だった。同じ日にクルーズ船の寄港が重なることも多く、全体のうち250回は中央ふ頭西側岸壁に着岸したが、同岸壁だけでは受け入れられず、中央ふ頭東側岸壁でも8回、箱崎ふ頭の岸壁でも計70回受け入れた。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文848文字)

あわせて読みたい

注目の特集