メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルクセンブルク

宇宙資源大国、目指す 民間支援へ法整備

ルクセンブルクの宇宙資源採掘政策で顧問を務めるジャン・ジャック・ドルダン欧州宇宙機関前長官=パリで2016年10月、八田浩輔撮影

 【ブリュッセル八田浩輔】宇宙での資源採掘競争が始まろうとしている。宇宙空間での争いを避けるための宇宙条約は、地球以外の天体の所有権を認めていない。だが、そこから取り出した資源の扱いについては規定がなく、複数の国が資源採掘の産業化を見据えて動き始めたのだ。先頭を走る国の一つが欧州の小国ルクセンブルク。民間業者が小惑星などで取り出した資源に対する権利を保障する法案を昨年11月に閣議決定。宇宙でレアメタル(希少金属)などの採掘を目指す企業への支援策も整え、宇宙資源開発の中心地を目指す。

 「新たな法制度は欧州で宇宙資源開発のハブとなる強い決意を示すものだ」。ルクセンブルクのシュナイダー…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです