メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

世界経済の背景の変貌と円レート=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 2017年の日本の株式市場に影響を及ぼすであろう3点について述べる。そのうちの二つは地政学的要因で、他の一つは開発途上国の経済運営に発するものだ。3点のいずれもがまず為替相場を経由して日本経済に影響を及ぼすことになろう。

 第一は欧州連合(EU)各国での選挙結果が、民族主義的な色彩を帯びるかどうかだ。3月のオランダでの「自由党」、4月から5月のフランスでの「国民戦線」、そして9月のドイツでの「ドイツのための選択肢」という3党の得票率の行方である。反移民という民族主義への傾斜が互いに共鳴し合うようになれば、EU統合の進展が阻まれるだけでなく、各国のE…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです