セルビア

列車に20言語で「コソボはセルビアです」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

コソボ猛反発、通過阻止

 【ウィーン三木幸治】セルビア政府が首都ベオグラードからコソボ北部ミトロビツァに向け、車体に「コソボはセルビアです」などと日本語を含む約20の言語で書いた列車を走らせ、コソボが治安部隊を出動させる騒ぎが14日あった。列車は国境を越えなかったが、両国間の緊張が高まった。

 地元メディアによると、列車にはセルビア…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文315文字)

あわせて読みたい

注目の特集