メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山噴火

5遺族が提訴へ…国・県に賠償請求

 死者58人、行方不明5人を出した御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害で、噴火警戒レベルを1(平常=当時)から2(火口周辺規制)へ引き上げなかったなどとして、5遺族12人が国や長野県に総額1億5000万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こすことが17日、分かった。25日提訴する。

 訴えなどによると、気象庁は噴火した2014年9月27日の17日前の9月10日から、レベル引き上げの…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 青森・八戸で女子児童が男に首切られる

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  5. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです