メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山噴火

5遺族が提訴へ…国・県に賠償請求

 死者58人、行方不明5人を出した御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害で、噴火警戒レベルを1(平常=当時)から2(火口周辺規制)へ引き上げなかったなどとして、5遺族12人が国や長野県に総額1億5000万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こすことが17日、分かった。25日提訴する。

 訴えなどによると、気象庁は噴火した2014年9月27日の17日前の9月10日から、レベル引き上げの基準の一つ「火山性地震の増加」(1日50回以上)を観測していたが、地殻変動が伴わないなどと据え置いた。遺族側は「不適切で被害拡大を招いた」と指摘。長野県も山頂周辺の地震計5基中2基の故障を放置、注意喚起が不十分だったとしている。

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです