メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ベトナム

日米と中国の間でバランスに腐心 

 【バンコク西脇真一、北京・河津啓介】ベトナムは、ケリー米国務長官と安倍晋三首相の訪問を連続して受け入れる一方、その直前には最高指導者グエン・フー・チョン共産党書記長が訪中(12~15日)し、中国の習近平国家主席と会談した。南シナ海で中国と領有権を争うベトナムだが、フィリピンのドゥテルテ大統領が対中国で融和姿勢に転じる中、日米などと中国との間でどうバランスを取るかに腐心しているようだ。

 ラヂオプレスによると、ハノイ放送は13日、ケリー氏とベトナムのソン外務次官が会談し、航行の自由の維…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文753文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです