混合介護

豊島区が「特区」申請 保険外と組み合わせ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京都豊島区は介護保険サービスと、家事などの保険外サービスを組み合わせる「混合介護」を、国の国家戦略特区制度を利用して始める方針を固め、都と協議を進めている。介護保険利用者にとって使いやすい制度にすると同時に、介護職員の賃金向上につなげたいという。今年度中に特区申請し、2018年度導入を目指すとしており、認められれば全国初となる。

 区は17年度予算案に、有識者会議を設けるなどサービス提供の仕組み作りに取り組む費用約600万円を計上する予定だ。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文888文字)

あわせて読みたい

注目の特集