メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京 和のたくみ

(11)海苔づくり――漁師と職人「大森の味」伝えたい

元海苔漁師・中村博さん「海苔で栄えた大森」を次世代に

 「朝起きると、海苔(のり)を包丁でとんとことんとこ切る。周りも大半が海苔漁師だったから、あちこちから音が聞こえたよ」。元漁師の中村博さん(81)は、懐かしそうに「とんとことんとこ」と繰り返した。

 海苔がとれるのは11月半ばから2月の厳冬期。手作業が多かったため、未明の1時、2時に起きることもあった。前日に取った海苔を刻んで真水で溶き、1枚ずつ厚みをそろえて海苔簀(す)に付ける。海苔簀は夜が明ける頃に庭先に出して、天日に干す。

 海苔が傷むため、作業場は暖房を使うことができない。軒先につららが下がるほどの寒さの中、裸電球をともし、熱い甘酒を飲みながら、多い時は一晩に2000から3000枚を付けたという。スピード勝負でもある。

この記事は有料記事です。

残り3190文字(全文3531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです