メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京 和のたくみ

(11)海苔づくり――漁師と職人「大森の味」伝えたい

元海苔漁師・中村博さん「海苔で栄えた大森」を次世代に

 「朝起きると、海苔(のり)を包丁でとんとことんとこ切る。周りも大半が海苔漁師だったから、あちこちから音が聞こえたよ」。元漁師の中村博さん(81)は、懐かしそうに「とんとことんとこ」と繰り返した。

 海苔がとれるのは11月半ばから2月の厳冬期。手作業が多かったため、未明の1時、2時に起きることもあった。前日に取った海苔を刻んで真水で溶き、1枚ずつ厚みをそろえて海苔簀(す)に付ける。海苔簀は夜が明ける頃に庭先に出して、天日に干す。

 海苔が傷むため、作業場は暖房を使うことができない。軒先につららが下がるほどの寒さの中、裸電球をとも…

この記事は有料記事です。

残り3240文字(全文3531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです