メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『幻の料亭・日本橋「百川」黒船を饗した江戸料理』小泉武夫・著

◆『幻の料亭・日本橋「百川(ももかわ)」黒船を饗(もてな)した江戸料理』小泉武夫・著(新潮社/税抜き1300円)

 古典落語に「百川」という噺(はなし)がある。のっけから魚河岸の若い衆と田舎出の奉公人との言葉が行き違い、面白おかしいズレが軽妙な展開をみせるのだが、ふんだんに盛りこまれた江戸の習俗の厚みが、この噺を名作たらしめる役目を担っている。舞台になった料理屋「百川」は、かつて日本橋浮世小路(うきよしようじ)にあった実在の大店(おおだな)であることはよく知られているが、では「百川」が出したのはどんな料理なのか、当時の江戸でいかなる役割を任じていたのか。謎のまま「百川」を想像するしかなかった。

 ところが、その正体に踏み込む一冊が現れたのだから、色めき立つのは当然のなりゆき。しかも、著者はあの小泉センセイ。興味津々で読み始めると、待ってましたとばかり幻の「百川」が息を吹き返し、ページを繰る手が止まらない。

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです