中村芝喜松

女形、四代目梅花を襲名 幹部に昇進

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中村梅花さん=小玉祥子撮影
中村梅花さん=小玉祥子撮影

 歌舞伎女形、中村芝喜松(しきまつ)が、八代目中村芝翫(しかん)の襲名を機に四代目中村梅花(ばいか)を襲名し、幹部に昇進した。

 新劇の養成所を経て、国立劇場歌舞伎俳優研修修了後の1975年に七世芝翫に入門。女房役から「忠臣蔵」のおかやなどの老け役まで優れた演技を見せている。

 三世梅花は芝居の知識が豊富な芝翫家の「お師匠番」で、92年に没した。その三世から、…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

あわせて読みたい

注目の特集