メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

超小型衛星

「きぼう」から放出 拍手で成功祝う 筑波大准教授「チーム成長実感」 /茨城

学生と握手をして、超小型衛星「結2号」の放出成功を喜ぶ筑波大の亀田准教授(前列左から3人目)=つくば市千現2で

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、筑波大開発の「結2号」など国内外の超小型衛星6基について、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」から放出に成功したと発表した。【大場あい】

 結2号などは、昨年12月に打ち上げられた日本の無人物資補給機「こうのとり」6号機でISSに届けられた。プロジェクト責任者の亀田敏弘准教授らは、16日午後6時過ぎ、JAXA筑波宇宙センター(つくば市千現2)の運用管制室前で見守り、地上からの操作で放出されたことが確認されると、拍手をして成功を祝った。

 結2号は1辺10センチ程度の立方体の人工衛星。所属学群を問わずに参加できる同大の「『結』プロジェクト」が開発した。大学1年から大学院生まで約20人が携わり、2年半かけて完成させた。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです