メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

一青妙さん=台湾の魅力を日本に伝える情報発信に尽力

 エッセイスト、歯科医、女優とマルチな才能を発揮する。今力を入れているのが亡き父の故郷である台湾の魅力を日本に伝え、日台をつなぐ活動だ。昨年11月、台湾全島を自転車で一周するツアーに挑戦し、台湾の新たな魅力を体感した。

 台湾5大名家といわれる基隆の顔家の長男である父と日本人の母の間に生まれた。台北で育ち、11歳で日本に移住した。一青は母の旧姓だ。中学時代に父、大学時代に母を病で失い、台湾とは縁遠くなっていたが、9年前から仕事などで台湾に行く機会が増えた。

 しかし、家族と過ごした思い出の台北は都会へと変貌していた。人情味あふれる昔懐かしい台湾らしさが息づいていたのが南部の古都・台南だった。台南の食や名所を歩き、2年余り前に著書「わたしの台南」を出版した。日本各地で講演を重ね、台湾の情報発信に尽力する。「台南市親善大使」にも任命された。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州で再び分散登校 新型コロナ感染者急増

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです