メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
イチからオシえて

噴火した島に戻る海鳥 小笠原諸島・西之島、生態系進化の実験場に

 2013年の噴火以降、面積が22ヘクタール(噴火前)から268ヘクタールと10倍以上に拡大した小笠原諸島・西之島。昨年10月に実施された初の上陸調査で複数の海鳥の繁殖が確認された。孤立した島独特の生態系が新たに誕生する過程が観察できる「自然の実験場」として注目を集めている。

 ●8種中3種確認

 噴火前に繁殖が確認されていた海鳥は8種。当時の面積は東京ドーム5個分にも満たなかったが、小笠原諸島の中では最も多くの種が繁殖していた。

 「小さいが海鳥にとっては楽園のような場所」。森林総合研究所の川上和人主任研究員(鳥類学)によると、脅威になるネズミやネコなどがおらず、巣を作りやすい環境を変えてしまうような外来植物も入っていなかった。特にアオツラカツオドリの国内の繁殖地は他に尖閣諸島だけで、噴火の影響が注目されていた。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです