メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『山猫珈琲』(上・下) 湊かなえさん

「タイトルに『猫』が入っているのに猫の話が少ないので、夫が描いた猫のイラストを載せてもらいました」と笑う湊かなえさん=八木正撮影

 (双葉社・上1296円、下1404円)

悔し泣きから「本気」の10年

 2007年に小説推理新人賞を受賞し、08年、「告白」でデビューした湊かなえさん。「10周年は2年間ある」と解釈し、今年から2年かけ、10周年記念イベント「47都道府県サイン会ツアー」を開催する。初エッセー集「山猫珈琲」(上・下)も刊行。これまでを振り返ってもらった。【井上志津】

 湊さんが創作を始めたのは04年のこと。自宅でできる何かに挑戦しようと「公募ガイド」を買い、まず川柳…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです