メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

偽造肝炎薬

流通 容器は正規品、中身すり替えか

 厚生労働省は17日、C型肝炎治療の飲み薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が奈良県内の調剤薬局で見つかったと発表した。偽造品が入ったボトルは正規品で、流通過程で中身がすり替えられていたとみられ、全国に出回っている可能性がある。同省とともに記者会見した製造販売元のギリアド・サイエンシズ(東京都)は、商標法違反容疑などで告訴を検討していることを明らかにした。

 偽造品の成分は調査中だが、患者の服用や健康被害の報告は確認されていないという。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです