北九州市議選

選挙公報、発行しません 政令市で2市のみ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北九州市議選が20日に告示されるが、市選管は選挙公報を発行しない。全国20政令市の市議選で選挙公報を発行していないのは、北九州市と広島市だけ。専門家は「選挙公報は、候補者の政策や人柄を知るための重要な手段」と指摘する。

 選挙公報は、候補者の氏名や経歴、政策などを掲載したもので、公職選挙法で、国政選挙と知事選では発行が義務づけられている。その他の議員選挙、市町村長選挙は、条例を定めると発行できる。

 選挙公報の条例を定める自治体は年々増えており、総務省によると、2011年末時点で議員選挙で条例を制定している全国の自治体は、都道府県36▽市区682▽町村381--だった。しかし15年末には、都道府県40▽市区724▽町村410--に増加。九州、山口の県庁所在地では全ての市で、市長選、市議選とも条例があり選挙公報を発行している。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文683文字)

あわせて読みたい