メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

谷川会長が辞任へ ソフト不正疑惑で引責

谷川浩司・日本将棋連盟会長

 日本将棋連盟は18日、将棋ソフトの不正使用疑惑への対応で混乱を招いた責任を取り、谷川浩司会長(54)が近く会長職を辞任すると発表した。谷川会長が同日午後、記者会見し表明する。疑惑の対応に当たった島朗(あきら)常務理事も辞任の意向を固めた。

 同疑惑では、連盟が昨年10月、ソフトの不正使用が疑われた三浦弘行九段(42)を出場停止処分にし、三浦九段は挑戦者に決まっていた竜王戦に出場できなかった。連盟の委嘱で調査した第三者調査委員会は「不正行為をしたと認めるに足る証拠はない」とした上で、出場停止処分を下したことについては「やむを得なかった」とする報告書を12月に提出していた。

 谷川会長は「年末年始をはさんでいろいろと考えた結果、三浦九段ら皆様へ誠意をお伝えするには会長を辞任…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです