メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天下り

文科省があっせんか 元幹部、早大へ再就職

早稲田大学の大隈講堂=小座野容斉撮影

再就職等監視委員会が厳正処分求める「勧告」も検討

 文部科学省が2015年、元幹部を早稲田大に再就職させる「天下り」をあっせんしていた疑いがあり、政府の再就職等監視委員会が文科省幹部らから事情を聴くなど調査をしていることが18日、関係者の話で分かった。人事課が関与した組織的なあっせんとみられるという。あっせんを禁じた国家公務員法に違反する可能性があり、同委は関与した幹部の厳正処分を求める「勧告」を行うことも検討している。

 勧告が行われれば、08年の同委発足以来、初めて。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです