メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

谷川会長が辞任表明「ソフト対策に不備」

 日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)は18日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で記者会見し、辞任を正式に表明した。昨秋以降、将棋界を揺るがせた将棋ソフトの不正使用疑惑で混乱を招いた責任を取った。この問題を担当していた島朗(あきら)常務理事(53)も19日に辞任を表明する見通し。

 連盟は昨年10月、ソフトの不正使用を他の棋士から指摘された三浦弘行九段(42)を出場停止処分にした。その後、連盟が委嘱した第三者調査委員会が12月、「不正行為をしたと認めるに足る証拠はない」と判断。執行部の対応に批判が高まっていた。

 会見では、辞任の理由を「(疑惑が持ち上がる)10月以前の(ソフト)対策に不備があった」と説明。体調…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです