アパホテル

中国で批判 全客室に南京大虐殺否定本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【上海・林哲平】日本のホテルチェーンを展開する「アパグループ」(本社・東京)の全客室に旧日本軍による「南京大虐殺」を否定する内容の書籍が置かれているとして、中国で批判が高まっている。中国人観光客も多く利用するホテルだが、旅行社が取り扱いを控えるなど波紋が広がっている。

 アパグループは国内外で400のホテルを展開。問題となっているのは、グループ代表の元谷外志雄氏が執筆した書籍で、日本語と英語で書かれ、南京大虐殺は「中国側のでっちあげ…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集