辺野古移設

反対リーダーの早期釈放署名、那覇地裁に提出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対する運動のリーダーで沖縄平和運動センター議長、山城博治容疑者(64)が不当に長期間勾留されているとして、市民らが17日、早期釈放を求める署名3万9826筆を那覇地裁に提出した。元裁判官の仲宗根勇さん(76)は「闘いを押しつぶそうとす…

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文240文字)

あわせて読みたい

注目の特集