メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルよもやま話

投信ブロガーの力 個人の視点で良いもの選ぶ

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」で表彰された投信会社幹部ら=東京都渋谷区で2017年1月14日、柴沼均撮影

 個人の資産形成手段として有力なのが投資信託(投信)です。しかし、国内の投信は1万本を超え、どれを選べばいいのか分かりにくいものです。金融機関に相談しても、客より自社の利益を優先して、高い手数料のものを勧められるケースもあり、金融庁が問題視するほどです。そうしたなか、個人の視点で良い投信を選ぶ「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」が14日、発表されました。【生活報道部・柴沼均】

 投信に関するブログを書いている人たちがボランティアで開いており、139人のブロガーが投票しました。…

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1609文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです