メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルよもやま話

投信ブロガーの力 個人の視点で良いもの選ぶ

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」で表彰された投信会社幹部ら=東京都渋谷区で2017年1月14日、柴沼均撮影

 個人の資産形成手段として有力なのが投資信託(投信)です。しかし、国内の投信は1万本を超え、どれを選べばいいのか分かりにくいものです。金融機関に相談しても、客より自社の利益を優先して、高い手数料のものを勧められるケースもあり、金融庁が問題視するほどです。そうしたなか、個人の視点で良い投信を選ぶ「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」が14日、発表されました。【生活報道部・柴沼均】

 投信に関するブログを書いている人たちがボランティアで開いており、139人のブロガーが投票しました。ほとんどが匿名ですが、主婦、教員、エンジニアなど金融機関以外の人が多いとみられます。中には月間数十万のページビューがある人気ブログもあり、僕自身、大手メディアより内容を信頼している上質なものもあります。

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです