メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ガーナがPK弾で完封勝利、マリとエジプトは譲らずドロー/アフリカ選手権

情報提供:サッカーキング

ガーナがウガンダを破って白星スタート [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
 アフリカ・ネーションズカップ2017のグループステージが17日に行われ、グループDの2試合が行われた。

 グループDは、ガーナとウガンダ、エジプト、マリの4カ国が突破を争う。第1試合ではガーナ代表とウガンダ代表が対戦。アンドレ・アイェウ(ウェストハム/イングランド)やジョルダン・アイェウ(アストン・ヴィラ/イングランド)らが先発出場したガーナは、立ち上がりから両サイドを使った攻撃でウガンダを押し込んでいく。しかし、チャンスは作るものの、なかなかシュートを枠に飛ばすことができない。

 それでも31分、ガーナに決定機が訪れる。ペナルティーエリア右角でのパスカットから相手DFのファウルを誘い、PKを獲得。キッカーを務めたA・アイェウが、FIFAクラブワールドカップにも出場したGKデニス・オニャンゴ(マメロディ・サンダウンズ/南アフリカ)との対決を制し、冷静にゴールネットを揺らした。

 後半は互いに得点が生まれず、試合は1-0で終了。ガーナが初戦を完封勝利で飾った。

 第2試合ではマリ代表とエジプト代表が対戦。マリは13分、左サイドからムサ・マレガ(ヴィトーリア/ブラジル)が上げたクロスがゴール方向へ飛び、右ポストを直撃する場面を作った。エジプトは26分、モハメド・サラー(ローマ/イタリア)のクロスからモハメド・エルネニー(アーセナル/イングランド)がダイレクトで合わせたものの、シュートは枠の上へ。前半はスコアレスで終了した。

 後半、エジプトは54分にマルワン・モフセン(アル・アハリ)がダイビングヘッドで枠を捉えたが、相手GKの好セーブに阻まれて得点とはならず。スコアレスのまま試合は推移し、終盤は互いにゴール前でのチャンスを作り出したものの、最後まで均衡は破られなかった。0-0の引き分けに終わり、勝ち点1を分け合う結果となった。

 以上の結果、グループDの首位はガーナで、2位はマリとエジプト。ウガンダは最下位からのスタートとなった。

■グループD
ガーナ 1-0 ウガンダ
マリ 0-0 エジプト

■グループD(試合数/勝ち点/勝/分/負/得失点)
1 ガーナ(1/3/1/0/0/1)
2 マリ(1/1/0/1/0/0)
2 エジプト(1/1/0/1/0/0)
4 ウガンダ(1/0/0/0/1/-1)

【関連記事】
【投票】アフリカ・ネーションズカップ2017 優勝するのはどこの国?
●仏代表グリーズマン、マンU移籍で口頭合意? 移籍金121億超と地元紙
●48カ国出場でW杯はどう変わる? アジア枠は増加へ…GSでは引き分け廃止も
●出場枠拡大が決定したW杯…もしも前回大会が48カ国制だったらどうなっていた?
●バイエルン、ロッベンと2018年まで契約延長「ミュンヘンは第2の故郷」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです