メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

夜に何度も目が覚める 1カ月続いたら受診を

 1カ月半前から、眠って1時間半~2時間で目が覚めるようになってしまった。何度も何度も目が覚め、しかも、いったん起きてしまったらなかなか寝付けない。どうやら「中途覚醒」らしい。眠れぬ夜はつらい……。私の症状を専門家に話し、打つべき手を教えてもらった。【小国綾子】

 睡眠総合ケアクリニック代々木(東京都渋谷区)の理事長で、日本睡眠学会理事の井上雄一さんは、中途覚醒は不眠症の症状の一つと説明する。主な不眠症の症状は、中途覚醒の他に▽床に就いて30分以上眠れない「入眠障害」▽予定の起床時間より2時間以上早く目が覚める「早期覚醒」▽睡眠時間の長さに関わらず、ぐっすり眠った感じを得られない「熟眠障害」--だ。国民の約1割が不眠に悩んでいるとも教えてくれた。

 不眠は「眠れない病気」というイメージがあるが、「入眠障害よりも人数が多いのが、中途覚醒です。入眠障害は年齢で差がありませんが、中途覚醒は加齢とともに増えていきます」と井上さん。

この記事は有料記事です。

残り1951文字(全文2366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです