JR東日本

3月ダイヤ改正 上野-長野原草津口間、最大13分短縮 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR東日本高崎支社は、3月4日に実施されるダイヤ改正の管内概要を発表した。特急「草津」の停車駅を減らし、上野-長野原草津口間が最大13分短縮される。平日に高崎線を走る特急「あかぎ」をすべて全車指定席の「スワローあかぎ」に変更する。

 特急「草津」が停車しなくなるのは、群馬原町、川原湯温泉と、埼玉県内の深谷、本庄駅など。同支社担当者は「速達性を考慮した」と説明している。

 また、旅行先での滞在時間拡大を図るため特急「草津2号」の長野原草津口の出発時刻を約2時間繰り下げ、午後1時3分にする。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文514文字)

あわせて読みたい

注目の特集