メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「里親制度」PRイベント

どんな子も愛されたい 故・岡八朗さんの長女・市岡さん、壮絶な家庭環境語る 29日、東成 /大阪

里親制度を紹介するイベントで講演する市岡裕子さん=大阪市東成区で、平川哲也撮影

 実の親と暮らせない子どもを育てる「里親制度」を紹介するイベントが29日午後1時半、大阪市東成区大今里西3の区民センターである。吉本新喜劇で、「奥目のはっちゃん」と人気を集めた故・岡八朗さんの長女で、ゴスペル歌手の市岡裕子さん(52)=兵庫県尼崎市=が講演する。

 市岡さんは高校生のとき母が自死したが、劣らぬほどの愛情を注いでもらった女性がいた。「将来を期待してくれる人がいただけで私は生きられた」と話す。体験を伝え、里親になることを呼びかけるつもりだ。

 市岡さんは兵庫県西宮市生まれ。はっちゃんが築いた家庭は壮絶だった。極度のあがり症を隠すため父は酒を手放せず、起業の頓挫を機に、母は心を病んだ。父はアルコール依存症に陥り、三つ下の弟も肝硬変で早世した。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです