メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
始動

トランプ次期米政権 側近の姿勢、硬軟混在 対イスラエル・パレスチナ

 【エルサレム大治朋子】トランプ次期米大統領誕生を20日に控え、イスラエル、パレスチナで期待と不安が交錯している。米国仲介による中東和平交渉が2014年春以降、頓挫するなか、トランプ氏は公然と「親イスラエル」を強調。ただ実務は側近頼りになる可能性が高い。一部幹部は対パレスチナ強硬姿勢だが、国防長官候補らは慎重で、今後のかじ取りは見通せない。

 対パレスチナ強硬姿勢で際立つのは、駐イスラエル新大使に指名されたデービッド・フリードマン氏だ。トラ…

この記事は有料記事です。

残り1350文字(全文1571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. 責任能力ない男性の突き飛ばし事件 両親の監督義務なし 遺族の賠償請求棄却 大分地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです