メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

三浦九段のソフト不正疑惑 谷川連盟会長が引責辞任

 日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)は18日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で記者会見し、辞任を正式に表明した。昨秋以降、将棋界を揺るがせた将棋ソフトの不正使用疑惑で混乱を招いた責任を取った。この問題を担当していた島朗(あきら)常務理事(53)も19日に辞任を表明する見通し。【山村英樹】

 連盟は昨年10月、ソフトの不正使用を他の棋士から指摘された三浦弘行九段(42)を出場停止処分にした。その後、連盟が委嘱した第三者調査委員会が12月、「不正行為をしたと認めるに足る証拠はない」と判断。執行部の対応に批判が高まっていた。

 会見では、辞任の理由を「(疑惑が持ち上がる)10月以前の(ソフト)対策に不備があった」と説明。体調…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1009文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです