居眠り運転防止

ドライバーの脳波で危険を察知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
脳波センサーとスマートフォンで居眠り運転の危険性を察知する装置を開発したKenpalの飯田貫代表取締役
脳波センサーとスマートフォンで居眠り運転の危険性を察知する装置を開発したKenpalの飯田貫代表取締役

 脳波からドライバーの居眠り運転の危険性を事前に察知して警告する装置を、IT企業のKenpal(ケンパル、東京都中野区)が開発した。高速バス会社向けに年内の実用化を目指しており、18日に東京ビッグサイトで開幕した第3回ウェアラブルEXPOに出品している。

 同社は2015年春ごろから脳波を使ったウエアラブル端末の研究を進めていた。2016年1月に軽井沢スキーバス転落事故が起き、バス会社の運行管理の…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集