自動車

急発進防ぐアクセルペダル 町工場の技術で開発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
右がパニックレス・アクセルペダル、左がブレーキ
右がパニックレス・アクセルペダル、左がブレーキ

 多発する自動車のブレーキとアクセルのペダル踏み間違い事故を防ごうと、三重県名張市蔵持町原出の金属加工業「三好製作所」と中日本自動車短期大(岐阜県坂祝町)が「パニックレス・アクセルペダル」を開発した。ブレーキと間違ってアクセルを踏み込んでも動力がカットされ、被害を軽減させる仕組み。同社の三好秀次社長(64)は「悲惨な事故を減らせる装置があることを知って」と訴えている。【竹内之浩】

 交通事故総合分析センターによると、ペダル踏み間違い事故は一昨年、全国で5830件あり、過去10年で最多の60人が死亡。県内でも昨年まで4年連続で死亡事故が起きている。事故原因の運転者中、70代以上が26%に上る一方、20代も22%を占める。センターは「運転を始めたばかりの若い人と身体能力が落ちる高齢者が起こしやすく、パニックや慌てが原因」とする。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文947文字)

あわせて読みたい

注目の特集