婚姻

3割が再婚 晩婚化さらに進む 厚労省まとめ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
初婚や再婚別にみた結婚形態
初婚や再婚別にみた結婚形態

 2015年の結婚全体のうち、夫妻の両方または一方が再婚だった割合は26.8%と、約3割に上ることが18日、厚生労働省がまとめた人口動態統計の特殊報告で分かった。分析対象とした1975年以降では最高の割合。厚労省は離婚件数が増えて一般的になっているため、再婚に対する意識が変わってきたことが背景にあるとみている。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文779文字)

あわせて読みたい

ニュース特集