メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

[PR]

 イギリスは昨年さくねんがつ、EUから離脱りだつするかしないかを国民投票こくみんとうひょう実施じっしし、離脱約りだつやく52%、残留約ざんりゅうやく48%で離脱りだつまりました。残留ざんりゅううったえた保守党ほしゅとうのキャメロン首相しゅしょう当時とうじ)は辞任じにんし、メイ首相しゅしょう就任しゅうにんしました。

     イギリスが今年ことし月末がつまつまでにEUがわ離脱りだつ正式せいしき通知つうちしたあと離脱りだつをめぐる交渉こうしょうはじまります。

     ヨーロッパには、現在げんざいでもスイスやノルウェーのように、EUに加盟かめいしていなくても移民いみんなどEUのルールを一定程度いっていていどれ、EUの「単一市場たんいつしじょう」に参加さんかするくにもあります。イギリスもおなじようにするのではないかとの見方みかたもありました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

    2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

    4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

    5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです