メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

元エジプト代表FWがテロリストに指定…日本開催のクラブW杯で得点王にも

情報提供:サッカーキング

日本で開催された2012年のクラブW杯に出場したアブトレイカ氏 [写真]=Corbis via Getty Images
 元エジプト代表FWのモハメド・アブトレイカ氏が、テロ組織に資金供与をしたとしてテロリストに指定された。イギリスメディア『BBC』が18日に報じている。

 アブトレイカ氏はテロ組織に指定されているイスラム組織「ムスリム同胞団」に資金供与をしたとして、エジプトの裁判所によってテロリストのリストに追加されたという。それにより、同氏は渡航禁止令や、資産凍結などの制裁の対象となる。

 現在38歳のアブトレイカ氏は、現役時代に母国の強豪アル・アハリなどで活躍。FIFAクラブワールドカップには5大会に出場し、日本開催の2006年には3ゴールを挙げて得点王にも輝いていた。2008年にはBBCアフリカ年間最優秀サッカー選手賞を受賞。エジプト代表では2001年にデビューし、通算105試合出場で38ゴールを記録した。2012年のロンドン・オリンピックではオーバーエイジで参戦しキャプテンを務め、準々決勝で日本と対戦していた。2014年1月に現役を引退している。

 同氏は、2012年の選挙で「ムスリム同胞団」のムハンマド・ムルシー元大統領を支持。2015年には同組織への援助の疑いで資産を凍結されていた。

 同氏の弁護士を務めるモハメド・オスマン氏は、今回の決定について「有罪判決を受けたわけではなく、正式な通知もされていない」とし、「法律に違反している」と非難している。

【関連記事】
ガーナがPK弾で完封勝利、マリとエジプトは譲らずドロー/アフリカ選手権
前回王者・全北のACL出場権没収、10日以内の異議申立は可…蔚山がPOへ
中国サッカーの“爆買い”に歯止め? 外国籍選手出場枠が「3」に縮小へ
仏代表グリーズマン、マンU移籍で口頭合意? 移籍金121億超と地元紙
ロナウジーニョが“8歳の自分”にメッセージ…「自由であれ」「ボールと戯れよう」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです