メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

詩人・高橋順子さん 夫亡き後、感じる 言葉はいいものだ

「とにかく彼は大おしゃべり。5秒と間を置かずにしゃべるから、お客さんに帰るすきを与えないんです。でも、いろいろ教わったなあ」=東京都文京区で、中村藍撮影

 東京・千駄木の谷底から坂を上ると、日の陰る路地に行き当たる。古い二階屋の引き戸を引くと、影絵のような格子窓と柱時計。すきま風の部屋にたたずむ姿は昭和のにおいがする。

 「インタビューはずっと断ってきたんです。寂しい、悲しいと言ったってしょうがないから」。2015年5月17日早朝、69歳の夫、直木賞作家の車谷長吉(くるまたにちょうきつ)氏と散歩に出た。夫は5分後、「300円持ってないか?」と言いだし、ビールを買いがてら先にひとり戻っていった。帰宅すると、台所で倒れていた。安らかな顔で、眠っているようだった。つまみをのどに詰まらせ、すでに窒息死していた。

 「考えようによっては、あのまま生きながらえても……。死の2年ほど前、脳梗塞(こうそく)になって、あ…

この記事は有料記事です。

残り1555文字(全文1883文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです