メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

天下りあっせん 隠蔽工作、口裏合わせ 職員、虚偽説明 監視委調査

天下りのあっせん問題を受け、記者会見で頭を下げる松野博一文科相=東京・霞が関の同省で2017年1月20日午前10時48分、森田剛史撮影

 文部科学省の天下り問題で「組織的あっせん」が認定された。再就職等監視委員会によると、文科省職員らは虚偽の説明をして不正の隠蔽(いんぺい)を図り、関係者間で口裏合わせもしていたという。「国民のみなさまにおわびする」。20日の記者会見で松野博一文科相は頭を下げて何度も陳謝し、「信頼回復に努める」と苦渋の表情をみせた。

 「このような組織的な天下りは初めて。調査をして驚いた」。20日午前、記者会見した再就職等監視委員会…

この記事は有料記事です。

残り2324文字(全文2532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです