メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小惑星

生徒が発見 「相森中学校」と命名 創立70周年機に募集、さらに4星にも命名権 須坂 /長野

命名の申請がされていた小惑星について紹介するパネル=須坂市の相森中学校で

 須坂市の相森(おおもり)中学校が命名権を持つ小惑星が「相森中学校」と命名された。約10年前の生徒が見つけた小惑星で、同校が昨年、審査機関の国際天文学連合(IAU)に申請していた。20日にも生徒に伝える予定で、岡部温樹教諭は「命名に刺激を受け、宇宙に興味を持つ生徒もいるはず。将来につながれば、うれしい」と喜んだ。【稲垣衆史】

 きっかけは2006年。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の主幹研究員だった中島厚さん(69)が同校のOBだった縁で、伊那市・入笠山のJAXA観測所で行っていた小惑星探査に当時の生徒らが参加した。撮影した画像を解析したところ15個が新発見と判明。IAUからこのうち五つの命名権を得ていたが、そのままになっていたため昨年、同校創立70周年事業の一環で命名することに。生徒会が生徒から名称を募り、6~12月…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです