メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川貴教さん

「琵琶湖のため使って」 県に317万円寄付 /滋賀

寄付金の目録を三日月大造・滋賀県知事(左)に手渡す西川貴教さん=滋賀県公館で、北出昭撮影

 彦根市生まれで野洲市育ちのミュージシャン、西川貴教さんが19日、大津市の県公館を訪れ、昨年9月に草津市で開いた野外音楽イベント「イナズマロックフェス2016」の収益の一部など317万4925円を県に寄付した。目録を受けた三日月大造知事は「琵琶湖をきれいにするため大切に使わせていただく」と述べ、琵琶湖の環境保全などに使うことを約束した。

 西川さんは2008年に県の滋賀ふるさと観光大使に任命され、翌年から地域活性化や環境保護のためのイナズマロックフェスを開催している。毎年、収益の一部や出演者のサイン入りポスターなどのチャリティーオークションの売上金を寄付しており、今回を含めた累計総額は約2231万円になった。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです