メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公立学校図書館

蔵書数の基準達成率 小学ワースト6位、中学ワースト2位 整備状況、依然低く /京都

 公立小中学校の図書館で、国が定めた蔵書数の基準の都道府県別達成率が府内の公立中学校は17.8%(全国平均55.3%)でワースト2位だったことが文部科学省の調査で分かった。公立小学校は50.1%(同66.4%)でワースト6位だった。国は学校図書館の図書整備のため地方交付税として近年は毎年200億円を措置しているが、使途は自治体の裁量に任されている。図書購入以外の目的に使われるケースもあり、整備状況に大きな地域差があるのが実情だ。【岡崎英遠】

 学校図書館の蔵書数の基準は図書館の図書充実を目的に旧文部省が1993年に設定した「学校図書館図書標準」で規定する。小学校18学級の場合、1万360冊、中学校18学級の場合は1万3600冊などと学校規模に応じて設定されている。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです