メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公立学校図書館

蔵書数の基準達成率 小学ワースト6位、中学ワースト2位 整備状況、依然低く /京都

 公立小中学校の図書館で、国が定めた蔵書数の基準の都道府県別達成率が府内の公立中学校は17.8%(全国平均55.3%)でワースト2位だったことが文部科学省の調査で分かった。公立小学校は50.1%(同66.4%)でワースト6位だった。国は学校図書館の図書整備のため地方交付税として近年は毎年200億円を措置しているが、使途は自治体の裁量に任されている。図書購入以外の目的に使われるケースもあり、整備状況に大きな地域差があるのが実情だ。【岡崎英遠】

 学校図書館の蔵書数の基準は図書館の図書充実を目的に旧文部省が1993年に設定した「学校図書館図書標準」で規定する。小学校18学級の場合、1万360冊、中学校18学級の場合は1万3600冊などと学校規模に応じて設定されている。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです