メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トランプ時代は内部崩壊の始まり?=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 大統領就任式を目前に控え、なお支持率が40%台と低いままのトランプ氏だが、ツイッターでの数千回に及ぶ「脅しと、はぐらかし」は相変わらずで、今度は「ドルが高すぎる」と為替介入も辞さずとの口撃を始めた。

 金融とITのプラットフォームを握ることで、米国が再び世界経済で覇権をとるのだという1980年代からの戦略は、21世紀になって実を結んでいる。だが、トランプ氏の「米国第一」の吹聴は、製造業が産業の中心であった時代の貿易戦争を思い起こさせる時代錯誤の発想である。

 金融もITも、前提はグローバリゼーションである。世界の時価総額の上位に米国のIT企業が並んでいる時…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです