メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刑法犯

重要犯罪検挙率76.6% 防犯カメラ端緒増加 昨年の100万件下回る

 警察庁が19日に発表した2016年の刑法犯認知件数で、重要犯罪の検挙率は76・6%となり、前年より4・3ポイント上がった。刑法犯認知件数は99万6204件(前年比9・4%減)。終戦直後の1946年からの記録が残っているが、今回初めて100万件を下回った。

 重要犯罪の検挙率は02年に50・2%まで下がったが、その後は上昇傾向が続いていた。自動車盗やひったくりなど重要窃盗犯の検挙率も2ポイント上がって54・6%だった。

 刑法犯全体の検挙率は33・8%で15年より1・3ポイント上がった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです