メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガンビア

セネガルなど軍事介入 居座る前大統領排除へ

 【ヨハネスブルク小泉大士】西アフリカ・ガンビアで19日、昨年12月の大統領選で敗北し任期切れ後も新大統領への権限移譲を拒むジャメ大統領を排除するため、周辺諸国が軍事介入を開始した。

 国連安全保障理事会が19日、新大統領への「全面的な支持」を表明する決議を全会一致で承認。決議を受け、周辺国から成る西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)が介入した形。

 隣国セネガル軍が国境を越えてガンビア領内に入ったのが確認された。アフリカの一部の国には独裁的な政権…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです