メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分

幅1.2メートル「日本一狭い」県道 保戸島

大分県保戸島で唯一の県道、612号線。幅1.2~1.8メートル、全長256メートルの細く短い道だ=大分県津久見市保戸島で、須賀川理撮影

 「この道は風よけにちょうど良いの」。竹田春美さん(78)は「てぼ」と呼ばれる背負い籠に雑貨を満載し、自宅へ向かっていた。冷風が吹き付けていたこの日、住宅に挟まれた路地は不思議なくらい静かだった。

 小道が迷路のように入り組む大分県津久見市の保戸島で唯一の県道、612号は幅1.2メートルから1.8メー…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです